ネットショップ開業支援 > 人気ネットショップ開業講座 > ネットショップを開業するために必要な資格や届け出・許可・手続き
人気ネットショップ開業講座

開業編STEP2

運営に必須のデジタル環境を整えよう

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

ネットショップを運営するために揃えておきたい機材

何を買う?どんな基準で選ぶ?ネットショップに必要なデジタルアイテムはこれ!

ネットショップづくりに必要な機材やソフトは下にあるとおり。パソコンは、デスクトップ型とノート型があります。前者は低価格&高性能がウリ。モニタは薄型の液晶タイプで17〜19インチのものが主流となっています。
また、CD-RW、DVD-RWなど、データを書き込めるドライブがついているかも要チェック。ネットショップの場合、顧客情報など運営に欠かせないデータがパソコンに保存されています。パソコンが壊れたり、ウイルスに侵入されたりなど万が一に備えて、CDやDVDなどにデータをバックアップしておくことも必要になってくるからです。

インターネットで卸業者を検索   メーカーに直接交渉する
選ぶ際はネットショップの大切なデータを保存できるCD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RWなどのドライブ付きがおすすめ。OSはマッキントッシュとウィンドウズとあるが、現在は後者が主流となっている。   納品書や請求書、挨拶状などを印刷する際に必要となる。最初は比較的価格の安いインクジェットプリンタで十分だが、ゆくゆくはドットプリンタの購入も考慮していきたい。
 
デジタルカメラ   画像ソフト
購入時に重視したいポイントは露出とズーム。露出は−0.6〜+1.2の範囲で調節できるものを選択。ズームは光学とデジタルとあるが、ネットショップでは前者が必須。   ネットショップの商品画像の修正や加工に役立つ。「フォトショップ」や「ペイントショッププロ」などがある。
 
ネットショップ開業ソフト   その他のソフト
ネットショップの作成と運営のためのソフト。商品情報からショップページを自働生成する機能、カゴ・レジ機能、受注管理機能などが揃ったものを選ぶのがポイント。   自分のパソコンを守るのはもちろん、お客さまにウイルスをばらまかないようにするためウイルス対策ソフトは必須。また、発送伝票を印刷するソフトは、発送業務を大幅に効率化してくれる。

または、ホームページ全体は「ホームページ・ビルダー」で作成し、その中の「ショッピング」のコーナーからを「ネットショップ・オーナー」のようなネットショップ専用ソフトで作成して運営するというように、2つのソフトを組み合わせて使うのもいいでしょう。


ネットショップ・オーナー

ネットショップのサイトを作成するには、「ホームページ・ビルダー」のようなホームページ作成ソフトで作れないこともありませんが、カゴ・レジ機能(CGIによるもの)や受注管理機能などが揃った「ネットショップ・オーナー」などのネットショップ専用ソフトなら、ネットショップの作成からショップ運営までの業務を一貫して行えるため、とても効率的です。
また、ネットショップを出店できるASPサービスや、レンタルショッピングカートASPなどを利用する方法もありますが、月々支払うシステム利用料や売上に応じてかかる手数料などは「販売管理費」として利益を圧迫しますので、できるだけランニングコストのかからない方法を選ぶことが重要です。


デジタルカメラ選びデジタルカメラについては下図のとおり。とくに注意すべきは画素数と、ズーム機能です。高精細な写真を撮るには画素数が大きいものを選ぶ必要があります。たとえば、画素数が小さいと商品の細かいディテールを表現することができません。
また、ズームは必ず光学ズームがあるものを選びましょう。これはレンズの焦点距離を変えて遠くのものを拡大して写す機能のこと。画像をデジカメ内部で電子的に引き伸ばし大きく見せるデジタルズームよりも、きめ細かな画質で撮影できます。目安としては3倍程度あればOKです。

デジタルカメラ選びの5ポイント

1.商品のディティールを伝えるのに十分な画素数のもの
800万画素程度であれば、機種も豊富で、ネットショップに使用するには十分な機能が備わっているのでおすすめ。

2.デジタルズームよりも光学ズームを重視
商品撮影には光学ズームが必須。デジタルズームは写した写真をデジカメ内部で電子的に引き伸ばして大きく見せるため、画質が粗くなってしまう。

3.液晶モニタがキレイなものを選ぶ
写そうと思っている商品を表示させたり、撮影したあとの商品画像をその場で確認するためのもの。大きな画面でクリアに見えるものを選ぶ。

4.露出補正・ホワイトバランスがついたもの
通常露出補正は「0」に設定してあるが、見た目のとおりの色にならない場合は「−0.6」〜「+1.2」の範囲で調整できるものを選ぶ。

5.マニュアルで撮影モードを切り替えられるもの
見た目どおりの色に写らないことも多々ある。自動で撮れるオートのほかにマニュアルモードがあれば、撮影する商品にあわせた撮り方ができる。

伝票の印刷用にはドットインパクトプリンタが必須

プリンタについては、最近は安くて印刷スピードの速いものが出揃っているので、スピード重視、もしくは印刷音の静かなものがいいなどの好みで選べます。ただ、将来的に注文数が増えた場合は、宅配便の送付状などにも印刷できるドットプリンタがあると便利です。
画像ソフトは商品画像などをネット上でより良く見せたいときに役立ちます。たとえば、思ったより暗く写ってしまった商品画像を明るい色調に変えたり、商品の影を切り取ってスッキリと見せたり、ということが可能になります。おもな画像編集ソフトには、「Photoshop Elements」(アドビシステムズ)などがあります。

次へ進む

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入