ネットショップ開業支援 > 人気ネットショップ開業講座 > ネットショップを開業するために必要な資格や届け出・許可・手続き
人気ネットショップ開業講座

開業編STEP2

運営に必須のデジタル環境を整えよう

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

【特集】自分にとってベストなネットショップ作成・運用システムを選ぼう

ネットショップに必須のシステム選びは、ショップの成功を左右するほど、とても重要なことです。

ネットショップと一言で言っても、実はざまざまな開業方法があります。ショップの規模や運営方針、予算など、自分に合った方法を選ぶことがとても重要です。

自分に合ったシステムの選択が成功のカギ

いざネットショップを開業しようと思ったとき、最初の悩みの一つが「どんなシステムを使ってネットショップを開業・運営するのか」ということです。システムの選択は、ネットショップの成功において非常に重要です。ネットなどで調べてみると、ネットショップを開業するサービスには「パッケージソフト」や「レンタルショッピングカート(ASP)」、「モール(ネットショップ出店ASP)」などがあることが分かります。各々の製品やサービスにはそれぞれに特長がありますが、これらの製品・サービス間の違いやメリット・デメリットをよく知った上で、自分に合ったシステムを選ぶことが大切です。そのような大事なシステムの選択を「なんとなく」とか「他のショップも使っているから」といったあいまいな基準でしてしまうと、売り上げとランニングコストが見合わず赤字になってしまったり、必要な機能・サービスがなかったりしたために、結局他の製品・サービスを選びなおして余分な労力とコストと時間を浪費してしまうことにもなりかねません。

ネットショップのシステムには主にこんなものがある

代表的な開業システムとして、上で3つのシステムを挙げましたが、それぞれのシステムについて簡単に説明しておきましょう。

A. パッケージソフト
ネットショップの開業・運営システムをパッケージ化したもので、パソコンソフト店やインターネット通販で購入して入手します。ショップページの自動生成機能、CGI(サーバー用のプログラム)によるショッピングカート機能、受注管理機能を搭載した製品ならば、ショップページの作成から運営までを効率的に行うことができ、受注情報などのデータは自分専用のデータベースとシステムによって管理します。一般的に、ネットショップはレンタルサーバーを契約し、そこに公開します。(→レンタルサーバーについて
インターネット上のスペースに自分専用のネットショップとシステムを設置して、独自のドメイン(「http://ショップの名前.com」など)で公開することができます。いわば一軒家の本店を建てるようなものです。
※ネットショップ作成ソフトの中には、CGIによるショッピングカート機能や、受注管理機能などがないもの、またはそれらの機能がASP型のサービスによるものなどがありますので、機能やシステムの方式をよく確認した上で購入することをおすすめします。
B. レンタルショッピングカート(ASP)
レンタルショッピングカートとは、ショッピングカートと受注管理システムを、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)のサービスとして提供するものです。ネットショップのページはパッケージソフトの場合と同様にレンタルサーバーを契約してそこに公開し、カート画面以降の受注システムを借りることになります。一般にはショップページの作成機能は提供されないため、ホームページ作成ソフト等で自分で商品ページを作成し、商品をカートへ入れるためのHTMLのタグを貼り付けることによって、ショップページとショッピングカートを連動させます。受注情報はASPサービス会社のシステムの中で管理されます。
月々の利用料金はサービスによってさまざまですが、ネットショップの出店をまるごと引き受けるモールに比べ、比較的安価です。
※レンタルショッピングカートには、受注管理機能がなくショッピングカートの提供のみのサービスもあります。その場合、受注情報はメールで送信され、受注管理はメールの情報を利用して自分で行います。
C. モール(ネットショップ出店ASP)
モール(ネットショップ出店ASP)とは、多数のネットショップを集めた、インターネット上のデパートのようなものです。モールに出店するには比較的高額の出店料が必要ですが、ショップページの自動生成機能、ショッピングカート、受注管理機能などを一通り利用することができます。ショップページはASP会社のサーバー上に公開され、受注管理もその中で行うことができるので、別途レンタルサーバーを契約する必要はありません。
モール出店には、モール全体としての知名度による集客が見込めるというメリットがありますが、その反面、自分のショップが他の多くの競合店の中に埋もれてしまう可能性もあります。また、デザインなどが一律になってしまって独自性が出せなかったり、独自のプロモーションやお客様へのアプローチに制約がある場合もあります。
D. その他の開業方法
上記のような製品やサービスを利用する以外に開業する方法としては、すべて自社(自分)でショップシステムを構築するか、業者に委託して構築してもらう、という方法があります。業者に委託してショップシステムを構築してもらう方法は、自分のショップのコンセプトや運営方針にぴったり合ったショップが作れるという面では理想の方法ですが、初期投資が数百万円〜数千万円もかかってしまうので、相応の売上が見込める場合でない限り、選択対象とはならないかもしれません。
また、ホームページ作成ソフトを使ってショップページを作成し、インターネット・サービス・プロバイダー(インターネット接続業者)が提供している無料のホームページスペースにショップを公開する方法もありますが、これには注意が必要です。ほとんどのプロバイダーが提供しているホームページスペースは、レンタルサーバーが提供するものとは違い、ネットショップに必須のショッピングカートなどのCGIを設置することができません。また、プロバイダによっては商用利用そのものを禁止している場合もありますので、事前の確認が必要です。その他、独自ドメインを使用できない、暗号化によって個人情報の盗聴を防ぐSSLに対応していない、などのようなデメリットを考えると、ネットショップの公開にはあまりおすすめはできません。

それぞれのシステムを比較してみよう

ここでは、どの開業システムを選択するのが自分にとって一番良いのかを総合的に判断するために、機能面、独自性、セキュリティー面、集客面、コストといったいろいろな角度から比較検討してみましょう。

1. 開業・運営の容易さ
まず最初に気になるのが、簡単にショップを開業できるのか、運営が効率良く行えるのか、というところでしょう。機能面から開業・運営の容易さを比較検討してみましょう。

【チェックポイント1】:商品データベースと連動して商品ページが自動生成できるか
ショップページ作成でぜひ欲しい機能が、商品データベースと連動したページの自動生成機能です。ネットショップでは、扱う商品の数だけ商品を紹介するページを作成する必要があります。この機能が無いと、1ページ1ページ商品情報と対応させながら作成する必要があるので、商品が多い場合には多大な労力がかかってしまいます。
一般的に、ページの自動生成機能はパッケージソフトとモールには搭載されていますが、レンタルショッピングカートはカート画面以降をレンタルするものなので、商品ページは自分で作成する必要があります。
※パッケージソフトの中には、ページの自動生成機能が搭載されていないものもあります。
※レンタルショッピングカートの中には、オプションで商品ページの自動生成機能を提供しているものもあります。

【チェックポイント2】:ショッピングカートには十分な機能が備わっているか
ネットショップで「ショッピングカート」というと、お客様が気に入った商品をカートに入れて、最終的にレジで購入手続きを完了するところまでの機能のことで、商品代金や送料、手数料、消費税などの合計金額を自動計算するショッピング機能の心臓部です。自分のショップの運営方針に対応できる機能が備わっているかどうかをチェックしましょう。
一般的に、ショッピングカートは、パッケージソフト、レンタルショッピングカート、モールのいずれにも搭載されています。
※パッケージソフトの中には、ショッピングカートが搭載されていないものもあります。

【チェックポイント3】:使いやすい受注管理機能が備わっているか
受注管理とは、お客様からの注文を「注文確認」、「入金確認」、「商品発送」といったステータス管理を行いながら注文を効率的に処理し、履歴を管理するといった、ネットショップのバックヤード業務の肝となる作業です。
使いやすく高機能な受注管理機能があれば、注文が増えてきても受注処理をミス無く効率的に、最小限の労力で行うことができるでしょう。
一般的に、受注管理機能は、パッケージソフト、レンタルショッピングカート、モールのいずれにも搭載されています。
※パッケージソフト、レンタルショッピングカートの中には、受注管理機能が搭載されていないものもあります。

【チェックポイント4】:クレジットカード等のオンライン決済サービスと連携しているか
今やネットショップでの買い物にはクレジットカード決済やコンビニ決済は欠かせないものになっています。開業してすぐに導入しなくても、後からそれらの決済が導入できるシステムを選んでおかなければなりません。クレジットカード決済では、オンラインで自動的に注文が完了する「オンライン決済システム」と連動することにより、カード番号を扱ったり、与信確認結果と注文データをつき合わせるといった煩雑な決済業務を大幅に削減することができます。
一般的に、決済サービス連携は、パッケージソフト、レンタルショッピングカート、モールのいずれにも搭載されています。
※パッケージソフト、レンタルショッピングカートの中には、決済サービス連携に対応していないものもあります。
2. ショップの独自性
どれくらいの自由度があって、ショップの独自性が発揮できるのかを確認しておくことも重要です。
ここでは、ショップの独自性について、ショップの外観や販促活動などの面から見てみましょう。

【チェックポイント5】:独自ドメインのショップを持つことができるか
ネットショップでは、お店の名前と同じくらいにインターネット上での住所に当たるURL(ドメイン)が重要です。ドメイン名が分かりやすく認知されやすいものであれば、お店の存在感や信頼度もアップするでしょう。ドメインはなるべく独自のドメインを取得して使用するのが望ましいと言えます。
一般的に、独自ドメインは、パッケージソフト、レンタルショッピングカートでは使用できますが、モールではモールのドメインの後につづくURLになってしまうため、独自ドメインは使用できません。
※一般にレンタルショッピングカートのカート画面では独自ドメインは使用できません。

【チェックポイント6】:ショップページのデザイン、コンテンツは自由に作成できるか
ショップページのデザインやコンテンツは自由に作成して、オリジナリティあふれるこだわったデザインにしたり、好きなコンテンツを載せたいところです。
一般的に、ショップデザインは、パッケージソフト、レンタルショッピングカートでは自由度が高く、モールでは基本的に共通のシステムを使うため、各ショップのデザインやコンテンツが画一的となり、比較的自由度は低いと言えます。また、他で運営しているショップ等へのリンクが禁止されている場合もあるということも知っておく必要があります。
※パッケージソフトの中には、ショッピングカートが搭載されていないものもあります。

【チェックポイント7】:顧客情報を利用して自由にアフターフォローや販促活動が行えるか
一度購入していただいたお客様には手厚いアフターフォローを行ってお得意様になってもらう、というのが実店舗と同様ネットショップにおいても成功の秘訣です。そのためには、購入客の情報を顧客情報としてデータベース管理して、いつでもダイレクトメールや会員サービスに活用できる体制が整っている必要があります。一般的に顧客情報の活用は、パッケージソフト、レンタルショッピングカートでは自由に行えますが、モールでは「モールの顧客」という扱いになるため、制限があったり追加料金がかかる場合があります。
※顧客情報を自由に利用することができるモールもあります。
3. セキュリティー
4月より個人情報保護法が施行され、個人情報を扱う事業者には、今まで以上に情報の漏洩等への対策・配慮が求められています。ここでは、顧客情報の管理方法を中心に、セキュリティーについて見てみましょう。

【チェックポイント8】:SSL暗号化に対応しているか
ネットショップでは、購入者情報や届け先情報などの個人情報を扱うことになります。こうした個人情報をやりとりするページ(注文情報を入力するページなど)にはSSL(暗号化通信)によって情報の盗聴を防ぐ措置を講じる必要があり、また、こうした対策をしっかりしていることが、お店への信頼感・安心感にもつながります。
一般的に、SSLはレンタルショッピングカート、モールでは標準で設定されています。パッケージソフトの場合は、レンタルサーバーのサービスを利用して、必要なページをSSLで暗号化します。

【チェックポイント9】: 受注情報(個人情報)はどこでどのように管理されるのか
顧客情報を含む受注情報を自分で管理するタイプと、ASPサービス事業者のデータベースにて管理され、個人情報を委託するタイプに分かれます。レンタルショッピングカートとモールは前述したASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)型のサービスなので、受注情報はサービス提供事業者のサーバーのデータベースに保管され、サービス提供事業者の手により管理されることになります。一方、パッケージソフトでは、受注情報はショップごとにショップ運営者の手で管理することになります。一般に、レンタルショッピングカートやモールでは高度なセキュリティによって厳重に管理されているはずですが、本当に個人情報を安心して預けられる業者かどうかはよく見極める必要があります。
セキュリティー上、どうしても顧客情報を他者に渡したくないという場合には、レンタルショッピングカートやモールは利用できない、ということになります。
※パッケージソフトの中にも、ショッピングカート機能はASPタイプで提供されるものがあります。
※レンタルショッピングカートの中には、受注情報はメールで送信され、データベースには保管されないものもあります。

【チェックポイント10】: サービスの停止・廃止のリスクはないか
前項と同様に、レンタルショッピングカートとモールはASP型のサービスなので、サービス提供事業者の都合等により、サービスが一時的に停止したり、さらにはサービス自体が終了してしまう可能性も無くはありません。また、サービス料金の改定や利用規約の改訂により影響を受ける可能性もあります。パッケージソフトの場合は、自分専用の独立したシステムのため、そのようなことはありません。
※パッケージソフトの場合も、レンタルサーバーを利用するので、レンタルサーバー会社の都合により、サービスが一時停止される可能性はあります。
4. 集客
より多くの売上を上げていくためには、より多くのお客さまに来店してもらわなければなりません。ここでは、集客に関する特徴を見てみましょう。

【チェックポイント11】:認知度による集客効果
ネットショップ開業当初は、実店舗で既に有名になっている場合などを除いて、ほとんど知名度がなく、開店しただけで何もしなければなかなかお客さまは来てくれません。そうした意味では、有名モールに出店すれば、最初からモールとしての認知度が確立しているため、ショップやショップの商品が来訪者の目に触れる機会が増えることが期待できます。

【チェックポイント12】: アフィリエイト・DM等による集客施策は自由に行えるか
ネットショップへの来訪者を増やすには、ネットならではの有力な集客法がいくつかあります。
その中でも注目されているのが、一般の人によって運営されている趣味のサイトや同好サイトで自分のショップの商品を紹介してもらう成果報酬型のアフィリエイトや、顧客データベースを活用したDM(ダイレクトメール)などの集客手法です。一般的に、モールでこのような集客サービスが提供されている場合はそのサービスを利用することになり、自由にサービスを選択して集客施策を行えない場合があります。
5. 開業・運営コスト
やはり最も気になるのが、開業・運営にどれくらいのコストがかかるのか、というところです。上に色々なポイントを挙げましたが、この「コスト」が最優先の選択基準になるケースも多いかもしれません。
※ここで記載する金額は、すべて代表的な金額と考えられる値であり、実際の金額は製品・サービスにより異なりますので、各製品・サービスの該当ベンダーのホームページ等でご確認ください。

【チェックポイント13】:初期費用
パッケージソフトの場合は、パッケージソフトの購入費として2万円程度と、レンタルサーバーの初期費用として1万円程度がかかります。
レンタルショッピングカートの場合は、レンタルショッピングカートの初期費用として1万円程度と、レンタルサーバーの初期費用として1万円程度がかかります。
モールの場合は、モール出店の初期費用として3万円程度がかかります。

【チェックポイント14】: 月額費用
パッケージソフトの場合は、レンタルサーバーの月額利用料として5千円程度がかかります。システムの月額利用料はかかりません。
レンタルショッピングカートの場合は、レンタルショッピングカートの月額利用料として5千円程度と、レンタルサーバーの月額利用料として5千円程度がかかります。
モールの場合は、モールの月額利用料として5万円程度がかかります。

【チェックポイント15】: 売上に応じた手数料
パッケージソフトとレンタルショッピングカートの場合は、売上に応じた手数料はかかりません。
モールの場合は、売上金額の4%程度の手数料がかかります。(例えば、月商100万円のショップの場合、月額4万円の手数料が発生することになります。)
※モールの中には、 売上に応じた手数料は課金されないものもあります。

システム比較表

分類

項目

パッケージ
ソフト

レンタル
ショッピング
カート

モール

開業・運営
の容易さ

ショップページ作成

×

ショッピングカート

受注管理

決済サービス連携

ショップの
独自性

独自ドメイン

×

ショップページデザイン、コンテンツ

自由

自由

制約あり

顧客情報の利用

自由

自由

制約あり(有料)

セキュリティー

SSL

○(契約により)

○(標準)

○(標準)

受注情報(個人情報)の管理場所

自社のDB内

ASPのDB内

ASPのDB内

サービスの停止・廃止のリスク

なし

あり

あり

集客

認知度による集客効果

×

×

DM等による単独集客施策

自由

自由

制約あり(有料)

SEO対策 -

開業・運営
コスト

(単位:円)

初期費用

パッケージソフト購入費

20,000円程度

-

-

ASP初期費用

-

10,000円程度

30,000円程度

レンタルサーバー初期費用*1

5,000〜
10,000円程度

5,000〜
10,000円程度

-

月額費用

ASP月額利用料

-

5,000円程度

50,000円程度

レンタルサーバー月額利用料*1

5,000円程度

5,000円程度

-

売上に応じた手数料

-

-

40,000円程度/月*2

初期費用+年間費用(月額費用×12)

90,000円程度

140,000円程度

1,110,000円程度

上記の金額や機能の有無は、すべて代表的なものであり、実際の金額や機能の有無は製品・サービスにより異なりますので、各製品・サービスの該当ベンダーのホームページ等でご確認ください。
この資料における「パッケージソフト」とは、主に「ネットショップ・オーナー」の機能を基準にしています。他のパッケージソフトには無い機能もありますので、ご了承ください。
*1 ご自身で用意したサーバーを使用する場合は、レンタルサーバーの費用はかかりません。
*2 モールの売上に応じた手数料は、月商100万円、売上手数料率4%と仮定して算出しました。

以上のように、ネットショップを開業するサービスにはそれぞれ色々なメリット、デメリットがありますが、ショップの規模や運営方針、予算に合った、自分にとって最適なシステムを選びましょう。
ちなみに、ネットショップは実際の店舗よりも圧倒的に安いコストで開業・運営できるので、複数のネットショップを立ち上げて同時に運営することも可能です。実際、有名ネットショップの多くが、独自ドメインの本店ネットショップの他に複数のモールに出店することによって、さらに売り上げを伸ばしています。



次へ進む

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入