ネットショップ開業支援 > 人気ネットショップ開業講座 > ショップ公開に必須のレンタルサーバー
人気ネットショップ開業講座

開業編STEP2

運営に必須のデジタル環境を整えよう

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

【特集】ショップ公開に必須のレンタルサーバー

〜ネットショップの設置に必要なレンタルサーバーを選ぼう。〜

ネットショップを開業するには、パソコンをインターネットに接続し、さらにインターネット上に ネットショップを公開するスペースを確保する必要があります。

インターネットに接続するために必要なのがプロバイダーとの契約であり、ネットショップを公開するのに必要なスペースが専門の事業者と契約して借りるレンタルサーバーです。

※ネットショップ運営ではインターネットを長時間使う必要があるため、ADSLやCATV、FTTH(光ファイバー)など、常時接続で高速なインターネット環境の利用をおすすめします。

プロバイダーのホームページスペースとレンタルサーバーの違いは?

プロバイダーの中には、ネット接続サービスだけでなく、ホームページを公開するためのスペースを提供しているものも多くあります。ここにネットショップを設置すればよいのでは?と思いがちですが、ネットショップに不可欠なショッピングカート機能などのCGIの設置ができない場合がほとんどです。

また、プロバイダーによっては商用利用が禁止されていたり、SSL(セコムトラストシステムズ、ベリサイン 等)に対応していない、など のデメリットが多いため、ネットショップの公開にはレンタルサーバーを利用してください。

レンタルサーバーには大きく、1台のサーバーを丸ごと利用できる「専用」と、複数のユーザ ーで利用する「共用」がありますが、初心者の方が手軽に始めるなら、
  ・ローコストで導入できる
  ・サーバーの管理はレンタルサーバー会社がやってくれる
といった理由から「共用」がおすすめです。

【参考】
  プロバイダーの
ホームページスペース
共用レンタルサーバー
ホームページ容量 10MB〜300MB程度 1GB〜40GB
(オプションで増量可)
独自ドメインの利用
カスタムCGIの利用
(カート、掲示板等)
×
(オプションで利用可)
SSL対応 ×
メールアドレスの数
(オプションで増加可)
10〜無制限
商用利用の可否 ×
(オプションで利用可)
サーバーの安定性・快適性
(個人用途が前提)

(商用利用が前提)
データベースの利用 ×
主な用途 個人の趣味のホームページ 商用や企業のホームページ

独自ドメインを取得してお店の存在感をアップ

レンタルサーバーを契約する際には、同時に独自ドメインも取得しておきましょう。
ドメインとは、「○×.com」や「○△.co.jp」など、お店のアドレスのこと。たとえば、トマトを販売するネットショップなら、「tomato.com」「tomato.co.jp」など、販売する商品が想像できるドメイン名にしておくと、お客さまも覚えやすくて便利です。

「ネットでお仕事.com」おすすめのレンタルサーバーはこちら!

ジャストシステムが運営するレンタルサーバーの決定版

ジャストシステム「ホームページ・ビルダー サービス」
豊富な実績と経験!
ビジネス利用に

大塚商会
「アルファメール」

国内最大級!
60,000ユーザーの利用実績

>アイル
「iCLUSTA」

100Gbps超のバックボーンで
安心快適

NTTPCコミュニケーションズ
「WebARENA SuiteX」
抜群の使いやすさと
確かな信頼性

ワダックス
「@Next Style」

初心者でも簡単!
幅広い層に対応可能

ロジックリンク
「アスカレンタルサーバー」

 

次へ進む

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入