ネットショップ開業支援 >人気ネットショップ開業講座> 納品書には商品名と個数、代金などを明記する
人気ネットショップ開業講座

運営編STEP1

ネットショップの接客は早さとていねいさが大切

受注からメール対応、顧客管理まで運営の流れをつかもう

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

納品書には商品名と個数、代金などを明記する

「納品書」から「おまけ」まで商品といっしょに梱包するアイテムに漏れがないか確認を。

商注文を受け、在庫を確認したら、いよいよ商品の発送になります。このときに同梱する書類は「納品書」のほか、先払いの場合は必要に応じて「領収書」が加わります。いっぽう、後払いの場合は「請求書」「郵便振替用紙」「コンビニ払込票」などをいっしょに送ることになります。

発送先や商品の間違いがないように改めて確認する

「納品書」には、下記のように、商品名や個数、購入金額などを明記。到着した商品やその個数などが間違っていないか、お客さまが確認できるようにしておきます。さらに、ショップ側のミスで商品を間違えたり、個数を間違えたりした場合や配送途中で商品が破損した場合を考え、「商品ならびに発送には細心の注意を払っていますが、万が一、事故品、欠品などがありましたらお知らせください」との一文を添えておくとよいでしょう。
ここで「発送には細心の注意を〜」と明記しているにもかかわらず、梱包が雑ではショップの信頼もガタ落ちです。発送時の基本中の基本ですが、緩衝材などで商品を守り、ていねいに梱包することもお忘れなく。
また、「納品書」はあらかじめ特定のフォーマットを作っておき、必要に応じて商品名や金額などを打ち込んでプリントアウトする、というようにしておくと便利です。(※「ネットショップ・オーナー」、「ダヴィンチ・カート」では、受注情報から自動挿入して印刷することができます。)
後払いの場合の「郵便振替用紙」「コンビニ払込票」については、事前に支払い方法がわかっていれば、どちらかの用紙だけでもOKですが、お客さまの使い勝手のよいほうで支払ってもらえるよう、両方入れてもよいでしょう。いずれの場合も、簡単に振り込めるよう、ショップの口座番号などはあらかじめ記入しておくというのもおすすめです。

購入金額ならびに商品名を改めて明記

【納品書の例】

クリックで拡大 クリックで拡大

箱詰めの場合は納品書を同梱する。商品名、購入金額などのほか、配送途中で商品が破損した場合を考え「事故品、欠品などがありましたらお知らせください」との一文を入れる。

他にも同梱するものは…
  ・領収書(先払い)
  ・請求書(後払い)
  ・郵便振替用紙(後払い)
  ・コンビニ払込票(後払い)
  ・サービスやおまけ、パンフレット等

同梱し忘れたものがないか、しっかりと確認をしてから封をする。サービスやおまけとして、新商品や人気商品のサンプル、またはパンフレット等を同梱しておくと、リピートが期待できる。

同梱し忘れたものがないか、しっかりと確認をしてから封をする。サービスやおまけとして、新商品や人気商品のサンプル、またはパンフレット等を同梱しておくと、リピートが期待できる。

※「ネットショップ・オーナー」、「ダヴィンチ・カート」では上のような納品書を、受注情報から自動挿入して印刷することができます。

次へ進む

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入