ネットショップ開業支援 >人気ネットショップ開業講座> 2005年4月から全面施行された「個人情報保護法」ここに注意しよう
人気ネットショップ開業講座

運営編STEP2

イザというときこそ慌てず迅速な対応を!

ネットショップ運営時に起こりうるトラブルとその対処法

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

2005年4月から全面施行された「個人情報保護法」ここに注意しよう

「個人情報保護法」の施行によって、ネットショップが取るべき対応についてご紹介します。

個人情報保護法」のガイドラインによると、「(保有する個人情報が)5000件未満の場合は規制の対象外」となっています。だからといって、「うちはそんなに顧客データはないから対策は必要なし!」というわけにはいかないのです――。

個人情報保護に関する表記を目立つように掲載

総務省によると「(東京都をはじめとする中核都市では)個人情報保護の条例化にともない、5000件未満も規制対象とする動きもあるため、単純に保有する情報の数では線引きできない」からです。
もともと、こうした法規制がなくても、信用第一のネットショップでは、個人情報の管理が大切であるのは当然のこと。サイトのセキュリティ管理は基本中の基本。さらに印刷文書や顧客リストも厳重に管理し、紛失や誤発送を防ぐことも必要になります。
サイト内の文章やメールマガジンの定型文でも、個人情報保護法に準じたものを用意しましょう。たとえば、「個人情報保護のための行動指針」というコーナーを設け、個人情報収集の目的や第三者へ譲渡しないこと、問い合わせフォームなどを利用し情報開示に応じること、などを明記します。

ネットショップに関する基本法の要点

1. (個人情報の収集に関して)利用目的を明確にし、通知・公表しなければならない
メルマガ送信、顧客データ管理など、利用の目的を明らかにし、かつサイト等で公表する義務が生じる。アクセスログについても発行・収集している場合はその旨を公表しておくことが望ましい。
2. (お客さまの同意なしで)第三者へ個人情報を提供・譲渡してはいけない
3. (お客さまからの求めがあれば)情報開示・訂正に応じなければならない
企業や個人に個人情報の開示請求権が認められる。利用目的に関する問い合わせや、個人情報の訂正依頼に常時対応する必要がある。サイトのお問い合わせフォームなどを活用し、準備を怠りなく。

お客さまのメールアドレスも個人情報の一つ

メールアドレスに関しては、法律でこれが個人情報にあたるかどうかは微妙なところですが、信用を重視するなら、これも個人情報の一つとして考えるべきでしょう。その場合は懸賞企画でメールアドレスを収集する際「商品情報提供以外の目的では使用しません」という一文は必要です。
いっぽう、アクセスログにも注意。総務省では「ログ内容によっては個人を特定できる可能性もあるので、取得している旨を公表しておくのが望ましい」としていますが、一般的にお客さまはログを取得されることを嫌がります。誤解を避けるためにも「ログなどの記録は商材選びや販売促進に利用するもので、他の用途では利用しない」ことを明記します。
以上の対策をとったからといって、万事OKというわけではありません。今後も行政機関の動向を注視し、臨機応変な対応が望まれます。

個人情報保護に関する文例


弊社は、個人情報の重要性を認識し、以下の取り組みを実施いたしております。

1.情報の管理
当社は、お客様個人に関する情報(以下「個人情報」といいます)の管理者を任命し、教育訓練・安全対策等を実施して個人情報の厳重な管理を行います。

2.収集目的と範囲
個人情報を収集させていただく場合は、収集目的を通知したうえで、必要な範囲の個人情報を収集させていただきます。

3.第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客様より収集させていただいた個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、如何なる第三者にも開示・提供いたしません。
< (1)お客様の同意がある場合
(2)お客様が希望するサービスを行うために当社が業務委託先に必要な範囲で開示する場合

4.業務委託先への義務付け
当社が、上記3.に基づき個人情報を提供する第三者には、当社と同様の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう契約により義務付け、これを実施させます。

5.法令、規範の遵守と見直し
当社は、個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、お客様の個人情報の保護をさらに徹底するため、上記各項における取り組みを必要に応じて見直し、改善します。


■SSLについて

弊社のウェブサイトは、お客様の個人情報を保護するために「SSL」に対応しています。Netscape Navigator、Microsoft Internet Explorerといったセキュリティ機能に対応したブラウザを使用することで、お客様が入力される名前や住所あるいは電話番号などの個人情報が自動的に暗号化されて送受信されるため、万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容を盗み取られる心配はありません。

SSLに対応していないブラウザをご利用の場合は、弊社のウェブサイトにアクセスできなかったり、情報の入力ができない場合があります。

・SSL(Secure Socket Layer)とは…
インターネット上で、情報を暗号化して通信するセキュリティ機能
・SSLの機能自体が強化されますので、新しいバージョンのブラウザをご利用になられることをおすすめします。
※一部サービスにおいてはご利用いただけるブラウザのバージョンに制限がございますので、ご注意ください。

ご使用のブラウザで、セキュリティ機能が有効になっているかどうかは、ブラウザ上で確認することができます。ブラウザの下方に表示されている鍵のアイコンがロックされた状態であれば、セキュリティ機能が有効になっています。安心してご利用ください。 但し、ページの構成によりセキュリティ機能が有効になっているにもかかわらず、鍵のアイコンがロックされない状態になる可能性があります。


■お客様のアクセスログ・履歴情報について

弊社のウェブサイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのアクセスログはウェブサイトの保守管理や利用状況に関する統計分析のために活用されますが、それ以外の目的で利用されることはありません。

なお、あらかじめお客様が個人情報を弊社に登録のうえご利用いただいているサービスについては、お客様のご利用に関する履歴情報がお客様を特定できる情報とあわせて記録されることがございますが、弊社は、これらを個人情報の一部として適切に取り扱うものとします。弊社が、以下に記載された以外の目的で履歴情報を個人情報と結びつけて利用する場合は、サービス毎に利用目的をお客様にあらかじめ明示することといたします。

  ・サービスのご利用状況等に関するお客様へのお知らせ
  ・お客様からの問い合わせへの対応
  ・お客様の個人情報の登録・管理
  ・お客様個人を特定することができない形式による統計資料の形成

※この文例はあくまで一例です。ショップが実際に実施していることに基づいて表示しなければなりません。


次へ進む

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入