ネットショップ開業支援 >人気ネットショップ開業講座> アクセス解析でお客さまの行動様式をチェックしよう
人気ネットショップ開業講座

運営編STEP3

新規のお客さまを呼び込む集客術

効果的な集客戦略のための3つのステップ

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

【特集】アクセス解析でお客さまの行動様式をチェックしよう

お客さまがどこから来て、お店の何に興味をもったの?を分析して売れるショップづくりに役立てよう。

ネットショップは対面販売と異なり、未購入者がどのようなお客さまでどんな商品に興味を持ったかについて知ることができません。『商品A』の宣伝・広告に力を入れているのに、実はお客さまの注目を集めているのが『商品B』であったら、宣伝や広告の効果が全く出ていないということに――。

「アクセス解析」って何?

アクセス解析とは、アクセスログを解析することで「自分のホームページに何人くらいのユーザーが来ているのか?」「どんなところに注目されているのか?」といったホームページの閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ユーザー像をより明確にすることで、どのような戦略でホームページを改善していくのか、その手がかりを探ることができます。

アクセス解析の利点は?

  • どのサイトからあなたのホームページへ訪問してきたか
  • どの日、どの時間帯に訪問数が多いか
  • どのようなキーワードで検索してきたか
  • どのページがよく閲覧されているか

<<検索エンジンの検索結果とホームページの内容がマッチしているかがわかる>>
アクセス解析を利用すると、検索エンジンからどのようなキーワードを使って来訪してきたのかがわかります。

どんなキーワードで検索して来訪したのかチェック

ホームページの内容と検索結果のキーワードが一致しているかの検証

SEOやキーワード広告で設定したキーワードの再検討

【例】東京都練馬区にある、住宅の賃貸がメインの会社がアクセス解析をしました。
サイトへの来訪者が「Yahoo!」や「Google」において以下のキーワードで検索していた場合・・・

1.「練馬 住宅 賃貸」 2.「練馬 住宅 住む」
ホームページの内容と検索エンジンの検索結果が一致。
→ホームページは成功している
練馬に分譲住宅を欲しい人がサイトに来訪してしまうかもしれない。
→「賃貸」という部分をよりアピールする必要がある

<<訪れた人の客層を推測できる>>
アクセス解析を利用すると、来訪者の傾向がわかります。

お客様の来訪時間帯・ドメイン名・訪問回数をチェック

データより来訪者がどんな人か推測し、設定したターゲットと合致するか検証

その客層を意識したサイトづくりへの改善が可能
【例】

訪問時間帯 深夜・休日が多い場合→学生の閲覧率が高い
平日昼・夜間が多い場合→ビジネスマンの閲覧率が高い
(あくまで一例です)
訪問回数 2回以上が多い場合→リピーターが多い
ドメイン名※ 〜.co.jpの人が多い場合→会社から見ている人が多い
※***@***の@以下の部分

アクセス解析にはどんな種類があるの?

アクセス解析には様々な種類がありますが、一番重要なのは、「訪問者のアクセスを取得すること」ではなく、「訪問者の傾向を掴んで、ホームページの改善に活かしていく」ことです。

<<選び方>>

1. ショップの状況に応じたサービスを選ぶ
ショップを開設したばかりで高価なサービスを導入しても、費用がかさんでしまいます。その時のショップの状態に合い、かつネットショップの繁盛に役立つサービスを選びましょう。
2. 「機能」だけでなく「活用できるか」を考える
多機能なアクセス解析は非常に大きな武器となりますが、なかなか使いこなせず、結局ただアクセス数を追っているだけという事態になりかねません。活用できる機能があるか、それは使いやすいのかといったことも合わせて選びましょう。
また、集客に有効なキーワード広告(オーバーチュア・Google)の効果測定ができるサービスもあるので、その点にも着目しましょう。

<<料金体系>>
◇無料型◇
  ・コストがかからない
  ・バナーがホームページに表示される
  ・サポートは特にない
  ・機能が制限されている
◇有料型◇
  ・コストがかかる
  ・使いやすい
  ・サポートが充実している
  ・機能が豊富

<<サービス提供方法>>
サーバーインストール型 ホームページを置いたサーバーにソフトウェアをインストールして、解析を行うタイプ。主に有料型。
 ソフトウェアのため、コストは購入時のみ
× サーバーにソフトをインストールできる環境でなければ使えない(一般的なレンタルサーバーでは難しいことがある)
× 動的に生成するページでは正しい結果を得られないケースがある
※その他、サーバー上にCGIと呼ばれるプログラムを設置して解析を行うサービスもあり。主に無料型で提供される事が多く、手軽に導入できる。ただし導入にはCGIの知識が必要であったり、レンタルサーバーによってはCGIを動かせないこともある。
ASP型
(ウェブビーコン型)
対象となるホームページのHTMLに専用のタグやスクリプトを埋込み、外部の専用サーバーで解析するタイプ。有料型、無料型。
 サーバーやプログラムの知識を特に必要とせずに導入できるので、導入が簡単
× 測定したいHTMLページにすべてタグ等を埋込む作業が発生するため、大規模サイトなど測定の対象範囲が広い場合には向かない
× アクセスが数千万〜数億といった莫大な数になった場合、解析は難しい
パケット
キャプチャ型
ホームページを置いたサーバーに専用のマシンを付加し、ネットワークから直接アクセスログ情報を取得するタイプ。有料型。
 動的ページの解析も可能
 設定次第ではユニークユーザー情報も正確に捉えられるなど、上記2タイプと比較して最も詳細な情報を得られる
× 導入コストが数百万円〜と高い

アクセス解析を導入しよう

ホームページを公開した!Yahoo! Japanへ登録した!複数の検索エンジンにも登録した!キーワード広告も利用した!相互リンクも行っている!しかし、お問合わせがあまり来ない。また、ホームページを開設した効果があまり感じられない。
→こんな方は、ホームページへのアクセス状況を把握・改善するために、今すぐアクセス解析を始めてみましょう。

「ネットでお仕事.com」おすすめのアクセス解析ツールはこちら!

簡単設定 広告・SEO効果測定機能 30日無料トライアル期間付き
sibulla
環「シビラ」

目次へ

先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
ネットショップ・オーナー
ダヴィンチ・カート
同報@メール
ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


おすすめネットショップ関連サービス!

レンタルサーバー
自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
詳しくはこちら
HP売上アップ
支援サービス
ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
詳しくはこちら
キーワード広告
ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
詳しくはこちら
アクセス解析ツール
「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
詳しくはこちら




ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入